〒101-0047 東京都千代田区内神田2-6-8 内神田クレストビル TEL:03-3252-2961 FAX:03-3256-0858
サイトポリシー | サイトマップ | お問い合わせ  サイト検索 
HOME >> 協会について >> 協会発行図書のご紹介
Menu
会員募集中

協会発行図書のご紹介

改訂版  現場技術者のための地質調査技術マニュアル

申込書(一般用) PDF)
平成27年11月発行

 本書は、関東地質調査業協会創立60周年を記念して、平成17年に出版されていた「現場技術者のための地質調査技術マニュアル」を改訂・増補版として企画、発行したものです。編集に際しては、①先の地質調査技術マニュアルの方針を引き継ぎ、現場技術者にとって試験・計測をする際に利用価値の高いものとする、②最近の技術の進歩を取り入れる、③(一社)全国地質調査業連合会発行の「全国標準積算資料 土質調査・地質調査」、いわゆる赤本に取り上げられている調査項目・順序に出来るだけ準拠させる、④物理探査を加える、を基本方針としました。本書は協会加盟会社のベテラン技術者が執筆を担当しており、経験に基づいたノウハウが可能な限り記載されていますので、現場技術者の必携の書です。
  • 体 裁 A4判・474頁
  • 目 次(大項目)  ※ 目次詳細はこちらをご参照下さい。
    • 第1章 総 説
    • 第2章 仮設
    • 第3章 ボーリング
    • 第4章 土質調査の計測・試験
    • 第5章 岩盤調査の計測・試験
    • 第6章 物理探査
    • 第7章 物理検層
    • 第8章 サウンディング
    • 第9章 地すべりの計測・試験
    • 第10章 その他の計測・試験

第二回改訂版 地盤調査の実務

平成27年6月発行
 ご好評を頂いておりました「第一回改訂版 地盤調査の実務」が約10年ぶりに改訂されました!
申込書(一般用) PDF)

 協会技術委員会では、地質調査技士検定試験の受験者を対象とした講習会を実施しております。そのテキストとして、1987年(昭和62年)にそれまでの講習会テキストを基に「地盤調査の実務(現場から適用・管理まで)」を刊行しました。同書はフォアマン、若手技術者、営業担当、室内試験従事者も対象とした調査業務全般を網羅した参考書として、検定試験受験者のみならず社員教育用テキストとして用いられるなど、多くの方々に利用されてきました。
また1996年(平成8年)には、新しい調査技術に対する実務書の要望が高まってきたことや、調査・試験に関する基準の見直し・新設等が行われたことを踏まえて、表題も「新編地盤調査の実務」と改めました。その後、2005年に「第一回改訂版 地盤調査の実務」の改訂・編集を行ないました。
 この度、前回の改定(2005年)から10年経過しており、情報の一新を行い、一般社団法人東京都地質調査業協会・環境部会の協力を得て、土壌・地下水汚染調査の部門を加え、全面改訂を行いました。
試験準備用のみならず、社員教育テキストとして十分役立つ内容となっており、地質調査業に携わる人必携の図書です。どうぞご活用ください。
  1. 体 裁 A4判・419頁
  2. 目 次
第1章 地質調査業を取り巻く社会環境
1.1 社会一般と建設行政
1.2 入札・契約制度と仕様書
第2章 地質,土木・建築等の基礎知識
2.1 地質調査の基礎知識
2.2 地球と地球環境
2.3 日本の自然条件と防災
2.4 土木・建築等と地質
第3章 現場技術の知識Ⅰ(ボーリング技術)
3.1 ボーリングマシンの分類
3.2 ボーリング装置の基本的構成
3.3 ボーリングマシンの各装置概説
3.4 ボーリング器具および孔壁保護用具
3.5 付属器具
3.6 運 搬
3.7 仮設材料
3.8 仮設作業
3.9 泥 水
3.10 掘進技術
3.11 最近の技術
第4章 現場技術の知識Ⅱ(試料採取と原位置試験,検層)
4.1 土のサンプリング
4.2 コアリング(岩盤ボーリング)
4.3 原位置試験
4.4 孔内検層
第5章 現場技術の知識Ⅲ(判別分類と室内試験)
5.1 土の判別分類
5.2 岩の判別分類
5.3 室内土質試験
5.4 室内岩石試験
第6章 解析手法,設計・施工への適用と調査技術
6.1 地盤調査の進め方
6.2 土質分野
6.3 岩盤分野
第7章 管理技法
7.1 現場管理の概要
7.2 工程管理
7.3 安全管理
7.4 渉外および積算
第8章 土壌・地下水汚染調査
8.1 土壌・地下水汚染に係る法規
8.2 特定汚染物質に関する基礎知識
8.3 土壌・地下水汚染調査の進め方
8.4 土壌・地下水汚染調査の現場技術
8.5 土壌・地下水汚染調査に係る管理技法

絵とき 地震による液状化とその対策

平成24年9月発行
関東地質調査業協会 液状化研究会より、液状化のメカニズムの初歩から液状化評価のための地盤調査方法、液状化解析技術や対策工法までを解説した本が出版されました。(発行所:(株)オーム社)
注文書 PDF)
※この注文書は書店では扱えませんので、
 ご注意ください。
 詳細は注文書PDFをご覧ください。

 
  1. 体 裁 A5判・210ページ
  2. 目 次(大項目)  ※ 目次詳細はこちらをご参照下さい。
     第1章 液状化の被害 ― 液状化でどんなことが起こるのか ―
     第2章 地震の強さと液状化 ― どんな地震で液状化が起こるのか ―
     第3章 液状化が起こる地形と地盤 ―どんな場所で液状化が起こるのか ―
     第4章 液状化発生のメカニズム ― なぜ液状化が起こるのか ―
     第5章 液状化の予測方法 ― どうやって液状化を予測するのか ―
     第6章 シミュレーションによる液状化予測
     第7章 実務に役立つ設計基準類の考え方・取り扱い
     第8章 液状化予測のための地盤の調査
     第9章 液状化対策
     第10章 戸建て住宅の液状化被害あれこれ
     液状化を理解するための用語解説
【上記書籍に関する問い合わせ先】
一般社団法人 関東地質調査業協会 事務局
〒101-0047 東京都千代田区内神田2-6-8 内神田クレストビル
TEL:03-3252-2961 FAX:03-3256-0858
※ E-mailでもお問い合わせ承ります。